エコロジア北海道21推進協議会とは

平成10年9月、資源循環型経済社会を積極的に推進していくため北海道経済連合会内に産・学・官が一体となった「エコロジア北海道21」研究会を発足させ、「第1回ゼロミッション全国会議」を札幌で開催しました。この研究会において1社でも多くの賛同者と入会者を募る活動の展開を図る決意をし、翌年7月23日に「エコロジア北海道21」推進協議会を設立いたしました。

事務局

〒061-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3 札幌MNビル8階
(北海道経済連合会内/札幌市時計台の西向かい、北海道新聞社の北向かい)
TEL(011)221-6166  FAX(011)221-3608

事務局から

平成27年度「エコロジア北海道21推進協議会視察会」を行いました。

次のとおり先進的なリサイクル施設の視察会を行いました。

<実施日>  平成28年3月8日(火)~3月9日(水)

<視察先、概要>
① 柳月新工場/スイートピア・ガーデン店(音更町)
・3月8日、柳月新工場の菓子の製造工程の視察を行いました。
・三方六(さんぽうろく)の製造工程において、国が認証するHACCPの基準と同レベルの
 北海道のHACCP認証を北海道知事選定機関から受けており、これは、菓子業界では初めてとのことです。
② 大木牧場 バイオガスプラント(士幌町)
・3月8日、大木牧場のバイオガスプラントの視察を行いました。
・製造したバイオガスは、ガスボイラーとコージェネレーションユニットの燃料として
 活用されているとのことです。
③ 株式会社ズコーシャ 乾式メタン発酵施設(帯広市)
・翌9日、株式会社ズコーシャが取組んでいる乾式メタン発酵システムの
 開発状況について視察を行いました。
・現在、システムの安定稼働の検証や、耐久性等について確認を行っているとのことです。
④ 株式会社土谷特殊農機具製作所(帯広市)
・9日、土谷特殊農機具製作所が取組んでいるバイオガスプラントについて説明を受けました。

1-1.JPG
1-2.JPG

大木牧場 バイオガスプラント

ズコーシャ 乾式メタン発酵施設


平成27年度「環境・エネルギーセミナー」を開催しました。

「環境・エネルギー」に関する知見を高め、新しい技術、最先端の取り組みなどについて理解を深めることを目的に開催しました。

日 時  平成28年2月25日(木) 15時~17時
会 場  札幌東急REIホテル 2階 マディソン
講演①  「水素社会実現に向けた取り組みと展望」
      <講 師>
       国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
       新エネルギー部 燃料電池・水素グループ
        主任研究員 大平 英二 氏
      <内 容>
        水素エネルギー利活用の意義や水素エネルギーに関する国の政策状況、
       NEDOのこれまで取り組みと今後の課題について、ご講演をいただきました。
講演②  「本道の環境産業の成長に向けた今後のビジネストレンド」
      <講 師>
       株式会社日本総合研究所 総合研究部門
       シニアマネージャー 前田 直之 氏
      <内 容>
       道内における水素関連ビジネスのほか、地球温暖化防止に係るCOP21の結果や、
       オリンピックの開催、電力自由化など最新の動きをもとに、
       今後の本道の環境産業の成長に向けたビジネストレンドについて、ご講演をいただきました。

2-1.JPG

セミナー風景


平成27年度「PCB廃棄物処理施設等視察会」を行いました。

エコロジアと北海道経済連合会、北海道エネルギー基本問題懇談会、北海道エネルギー対策協議会が合同で、室蘭市の助成を受け、次のとおり視察会を行いました。

<実施日>  平成27年12月15日(火)

<視察先、概要>
① 中間貯蔵・環境安全事業㈱(JESCO) 北海道PCB処理事業所(室蘭市)
・PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の処理事業の経緯や概要説明を受けた後、
 高圧トランス、コンデンサの脱塩素化分解処理施設と
 平成25年9月に操業を開始した安定器などのプラズマ溶融分解施設の視察を行いました。
② 北海道電力㈱伊達発電所、伊達ソーラー発電所
・重油を燃料とした火力発電所である伊達発電所の設備・機器と、
 発電所の屋上から伊達ソーラー発電所の視察を行いました。
・伊達ソーラー発電所は、年間の発電電力量が約100万kWh/年で、
 その量は一般家庭約300軒分の電力使用量にも相当するとのことです。

<参加者> 29名(事務局3名)

1-1.JPG
1-2.JPG

北海道PCB処理事業所を視察

伊達ソーラー発電所


平成27年度第2回「環境・エネルギー視察会」をおこないました。

エコロジアと北海道エネルギー基本問題懇談会、北海道エネルギー対策協議会が合同で次のとおり視察会を行いました。

<実施日>  平成27年11月10日(火)

<視察先、概要>
① 恵庭市下水終末処理場、生ごみ・し尿処理場(恵庭市中島松453、460-1)
・生ごみのバイオガス化事業の概要説明を受けた後、生ごみ処理施設の視察を行いました。
・生ごみを下水汚泥、し尿浄化槽汚泥と共にメタン発酵処理し、これにより、より多くの
 メタンガスを発生させ、発電や暖房に利用しております。
② えこりん村(恵庭市牧場277-4)
・環境への取り組みについて説明を受けた後、えこりん村敷地内の「生ごみ処理施設」と
 「バイオガスプラント」の視察を行いました。
・えこりん村では、レストランから出る生ごみのリサイクルなど環境への負荷を軽減させるエコロジーへの
 取り組みを進めております。
③ 北海道電力㈱南早来変電所(勇払郡安平町遠浅680-10)
・経済産業省の「大型蓄電システム緊急実証事業」の概要説明を受けた後、レドックスフロー電池の視察を
 行いました。
・本実証事業では、南早来変電所にレドックスフロー電池を設置し、風力発電や太陽光発電の出力変動に
 対する新たな調整力としての性能実証と最適な制御技術の開発に取り組んでおります。

<参加者> 29名(事務局2名)

1-1.JPG
1-2.JPG

恵庭市生ごみ・し尿処理場

えこりん村 バイオガスプラント


資源リサイクルフォーラム2015をビジネスEXPOと同時開催しました。

expo201501.jpg

<資源リサイクルセミナー>
日 時 平成27年11月6日(金)10:00~12:00
会 場 アクセスサッポロ2階 研修室A
内 容 
①基調講演 10:00~11:30
『環境政策による地域経済循環の拡大に向けて―水俣市の取組からー』
    熊本県 水俣市 福祉環境部環境課  課長 松木 幸蔵 氏

②パネルディスカッション 11:30~12:00
 コーディネーター  北海道大学大学院工学研究院    准教授 石井 一英 氏
 パネラー      熊本県 水俣市 福祉環境部環境課   課長 松木 幸蔵 氏
           北海道 芽室町 企画財政課      課長 佐野 寿行 氏

<資源リサイクル展>
expo201502.jpg 日 時
平成27年11月5日(木)10:00~17:30
平成27年11月6日(金) 9:30~17:00
会 場 アクセスサッポロ1階 
     大展示場(ビジネスEXPOでのブース展示)
内 容 
エコロジア会員企業の展示、
エコロジアと北海道循環資源利用促進協議会の取組展示



平成27年度「環境・エネルギー視察会」をおこないました。

エコロジアと北海道経済連合会、北海道エネルギー基本問題懇談会、エナジートーク21が合同で次のとおり視察会を行いました。

<実施日>  平成27年7月31日(金)

<視察先、概要>

〇泊発電所(北海道古宇郡泊村大字堀株村)
    原子力PRセンター「とまりん館」にて、概要説明を受けた後、泊発電所の視察を行いました。

<参加者> 会員24名  事務局2名   計26名


平成27年度「グリーンビジネス調査研究・技術開発事業助成金事業」を募集します。

対 象:グリーンビジネスを推進するなど地域の特性や循環資源の利用方法等に応じた

    技術開発・調査研究のための各種ソフト事業


助成額:基礎研究等~事業費に対する会員負担額の1/2以内、事業化実証~同2/3以内


     交付要綱・申請様式等はこちら

     (Adobe PDF、Microsoft Word形式のファイルをZIP形式で圧縮しております。

      御自身のパソコンにダウンロードの上、ご覧ください。)


平成27年度「エコロジア北海道21推進協議会」定時総会と講演会を開催しました。

日 時 : 平成27年6月25日(木) 定時総会 15:00~17:30   
場 所 : 札幌東急REIホテル 2階 チェルシー


○ 定時総会議事
  平成26年度事業報告及び収支決算
  平成27年度事業計画(案)及び収支予算(案)
  役員の選任(案) ほか
  ※ 議事につきましては、
   すべて提案のとおり了承されました。

○ 講演会
 <演題>
 「自然由来重金属類を含む岩盤掘削ずり対策の現状と課題」
 <講師>
 北海道大学大学院工学研究院 環境循環システム部門
   教授 五十嵐 敏文 氏

2015sokai1.jpg
2015sokai2.jgp
2015sokai3.jpg

議長を務める伊藤副会長

講演会講師の五十嵐氏

定時総会風景


平成26年度「環境・エネルギーセミナー」を開催しました。

「環境・エネルギー」に関する知見を高め、新しい技術、最先端の取り組みなどについて理解を深めることを目的に開催しました。

日 時  平成26年3月11日(水) 13時30分~15時30分
会 場  札幌東急イン 2階 マディソン
講演①   「北海道におけるバイオマス利活用の現状と課題について~バイオガスについて~」
       <講 師>
         ホクレン農業総合研究所顧問(北海道大学名誉教授) 松田 從三 氏
       <内 容>
         北海道内における家畜ふん尿を利用したバイオガスのエネルギーとしての活用方法や
         その課題などについて講演をいただきました。

講演②   「建設混合廃棄物のリサイクル推進に関する実態調査」
       <講 師>
         ・地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 北方建築総合研究所
         環境科学部 構法材料グループ 研究主幹 廣田 誠一 氏
         ・同機構 産業技術研究本部 工業試験場
         製品技術部 生産システム・製造技術グループ 研究主査 神生 直敏 氏
         ・同機構 環境・地質研究本部 環境科学研究センター
         環境保全部 情報・水環境グループ 研究主任 丹羽 忍 氏
       <内 容>
         建設混合廃棄物の発生・排出状況や理施設整備状況などの実態調査結果、処理システム
         の提案などについて講演をいただきました。

20140311.JPG

セミナー風景



「PCB処理施設等視察会」を行いました。

室蘭市の助成を受け、次のとおりPCB処理施設等の視察会を行いました。

<実施日>
  平成27年3月5日(木)
<視察先、概要>
  ① 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO) 北海道PCB処理事業所(室蘭市仲町)
     PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の処理事業の経緯や概要の説明を受けるとともに、
     高圧トランス、コンデンサの脱塩素化分解処理施設と平成25年9月に操業を開始した
     安定器などのプラズマ溶融分解施設の視察を実施しました。
  ② 西いぶり広域連合 メルトタワー21(室蘭市石川町)
     一般廃棄物のキルン式ガス化溶融炉であるメルトタワー21(西胆振地域廃棄物広域処理施設)
    の概要説明を受け、視察を実施しました。

27030501.JPG
27030502.JPG

JESCO 北海道PCB処理事業所

西いぶり広域連合 メルトタワー21



平成26年度「エコロジア北海道21推進協議会視察会」を行いました。

次のとおり先進的なリサイクル施設の視察会を行いました。

<実施日>  平成26年11月19日(水)~11月21日(金)

<視察先、概要>

① 山本商事株式会社 奈良総合リサイクルセンター(奈良県御所市大字多田581-1
・11月19日、奈良総合リサイクルセンターの「固形燃料(RPF)製造施設」の視察を行いました。
・同センターでは、建設系混合廃棄物などから選別、回収した産業廃棄物(廃プラスチック類、紙くずなど)
 を破砕、選別、滅容固化してRPFを生産しています。リサイクル率は90%を超えています。
② 南但広域行政事務組合 南但クリーンセンター(兵庫県朝来市和田山町高田817-1)
・20日、南但クリーンセンターの「高効率原燃料回収施設」の視察を行いました。
・「高効率原燃料回収施設」は、生ごみなどをメタン発酵させてバイオガスを回収するバイオマス施設と
  バイオマス施設からの発酵残さ、発酵に適さない可燃ごみの焼却を行なう焼却施設(熱回収施設)を複合した
 施設で、生成したバイオガスはガス発電に利用しています。
③ 株式会社アミタ 姫路循環資源製造所(兵庫県姫路市網干区浜田1287番地9)
・20日、株式会社アミタ姫路循環資源製造所の再資源化施設「液体燃料製造、セメント原燃料製造、金属
 原料製造施設」の視察を行いました。
・姫路循環資源製造所は、独自の「調合」技術を用いて1,500種類以上の廃棄物を100%再資源化しています。
④ カンポリサイクルプラザ株式会社(京都府南丹市園部町高屋西谷1番地)
・21日、カンポリサイクルプラザの「バイオリサイクル施設」の視察を行いました。
・「バイオリサイクル施設」は、有機性廃棄物をメタン発酵させてバイオガスを生成させる施設で、バイオ
 ガスは場内車両の燃料やガス発電などに利用しています。

<参加者> 会員16名 事務局他2名   計18名

shisatsu01.JPG
shisatsu02.JPG

山本商事株式会社 奈良総合リサイクルセンター

株式会社アミタ 姫路循環資源製造所



ページ先頭